このはブログ

けーすた!#5 – Case Study ! Lightning Talk – 潜入レポート!

こんにちは!このはです。

今日は8月29日(水)に開催された「けーすた! #5 – Case Study ! Lightning Talk –」のレポートをお届けするよ!

今回はなんと北九州の小倉にて開催!!!
このはも飛行機で駆けつけちゃいましたよ!!

とってもお洒落な会場だったな~♪

今回ももちろん!ConoHaショップの出張販売やったよ!てくのたんショップも一緒。

このは&てくのたん(の格好をしたパソナテック人事部の窪田さん)&てくのたんジャーマネ市川さんと☆

そして!気になるノベルティはこちら!

このは&てくのたんトートバッグ・・・!
かわいい!どこにでも持っていけるシックなデザインだね!

&学生さんにはおなじみお札風1,000円分ConoHaクーポンも♪

今日は初めての北九州開催だったので、奮発してこのは3分身しちゃいました!!!!

いつもは2分身くらいが限界だけど、頑張ったよ!!!!!!

イベント開始時間になると会場もほぼ満席に!来てくれた人、ありがとう!!

この日の司会はお馴染みYahoo!に勤めている森川芳樹さんと、てくのたん(の格好をしたパソナテック人事部の窪田さん)のお二人!

LTスタート!・・・の前に、開会の挨拶としてパソナテックの中野さん&GMOインターネットの松村さんによる「中野松村」の謎のミニコントが・・・!

やや滑り気味だったけど無事に終わり、LTスタートスタート~!!

LT1:渋谷と小倉の距離をゼロにする方法 ~我々はどうやって渋谷と一緒に仕事しているか~

最初はGMOインターネットの小林さん。

4月に新設されたGMOさんの新拠点・GMO kitaQ(小倉)に勤める小林さんが、東京拠点との距離感をどのように縮めたかについてお話してくれたよ!

基本ChatWorkでやり取りしていた東京との架け橋として「zoom」というWEB会議のアプリケーションを使って、相手が何をしているのか常に分かるようにしたんだって。ChatWorkで返事がない場合も「zoom」を通して相手が離席中か確認したり、そのまま話しかけたりすることもできるようになって距離感が縮まったとのこと!

他にも海外拠点との言語の壁があったんだけど、そこはGoogle翻訳で乗り越えたんだって!

LT2:組み込み開発の魅力、web開発の魅力

2番目はビープラッツの井上さん。

組み込み開発エンジニアとして3年間働き、その後4ヶ月(~現在)Webエンジニアとして働いている井上さんが、その魅力について語ってくれたよ!
組み込み開発では自分の書いたプログラム通りに機器が動く・ハードウェア等の知識が学べるなどの魅力があり、Webエンジニアでは幅広い知識・スキルが身についたり、エンドユーザーとの距離が近いといった魅力があるんだって!

エンジニアとして働くと自分の市場価値を高められるし、最先端の技術に携われて幅広い知識が得られるので楽しいですよ!とのことでした。

LT3:レガシーなフロントエンドをイケイケにしている話

3番目はさくらインターネットの上條さん。

さくらのレンタルサーバーのコントロールパネルをリニューアルしたときのお話をしてくれました!

非常にトラディショナルなHTML/CSSで作られた古臭いUIで、脆弱性や保守性に問題があったので見直すことに。リニューアルによって、色々な問題点が改善されたのはもちろん開発の敷居も下がってイケイケなコントロールパネルに生まれ変わったんだって!

詳しい内容が書かれた発表資料もUPされているので、ぜひチェックしてくださいね♪
https://drive.google.com/file/d/1zNubzrO9QxPuEtuUbHuwuOmOOZeEgmmp/view

LT4:タスク管理してくれる秘書(AI)をつくってみた

前半戦最後はパソナテックの石井さん。

Slackに組み込めるタスク管理秘書(AI)をDialogflowを使ってやってみようと思って作ったそうです!ちなみに開発(プログラミング)経験はゼロとのこと!(すごい!)

実際に会場で実演していましたが、てくのたんの顔したAIがちゃんとタスク管理してたり、タスク残ってるのに帰ろうとすると「仕事残ってるんじゃない?」と指摘してくれるすごい秘書だったよ・・・!今後も自分の嫁(AI)作りにチャレンジしたいそうです!

ここで休憩を挟んで、今回イベントにご協力いただいたCode for Kitakyushuさんからご挨拶!

Code for Kitakyushuさんは北九州で活動するITコミュニティで、地域の人達とエンジニアさんが何か一緒に作ったり、エンジニアの人が知ったらうれしいIT技術について話すイベントなどをしているんだって!
9月25日(火)にノンコーディングでどこまでできるかというイベントを小倉で開催するそうで、その紹介でした。

気になる方はぜひチェックしてくださいね☆
CfKTQ例会【ノンコーディングでここまでできる!】 – connpass

☆キャラクターPR合戦☆
きましたーーーーっ!!!!!このはの重大任務!!!!!!!!!
てくのたんとこのはのPR合戦!!!!!

まずはてくのたんの番で、てくのたんジャーマネ市川さんから!

なんと!てくのたんは最近若干迷走中らしい・・・!

みんなでてくのたんのTwitterをフォローして、てくのたんMMDを使った作品でコンテストに応募して豪華賞品をGETしつつ、てくのたんを応援しようっ☆

ちなみに、パソナテックさんではてくのたんを成長させてくれるエンジニアさんを大大大募集中とのことです!

次はこのはの番!!!!

今回は3rdシングルリリースあるかも!?とか、YouTuberデビューしたよ!とか色々発表させてもらったんですが重要なのはこのフレーズ・・・

このはちゃんは清楚かわいい!

これだけでも絶対に覚えて帰ってほしいというのをアピールしてきました!!!!!
ちゃんと覚えてくれた人もいっぱいいたみたいで、Twitterでつぶやいてくれている人もいてこのは感激ですっ!

YouTuber動画はここからチェックしてね!
このはチャンネル – YouTube

ちなみに、GMOさんでも北九州でConoHaを支えてくれるエンジニアさんを大募集中です!!!(新卒&中途問わず)

PR合戦が終わったところで、LT後半戦へ!

LT5:新卒研究員の研究開発 in ペパボ研究所 ~セキュアなWebサービスを目指して~

後半戦の最初はGMOペパボの野村さん。

野村さんはペパボ研究所の一員で、「新規性・有効性・信頼性を追求する研究」を行い、それを「実際のシステムとして実装・提供することで事業の成長に貢献」というのがミッションなんだって。

Webサービスのセキュリティに関する研究結果を発表してくれたよ!結構技術的な内容でした!
このはの解説より、資料見てもらったほうが分かりやすいと思うので、ぜひこちらからチェックしてね~☆

LT6:ROSでロボット開発中~センサーデータ収集編~

6番目はOPTiMの坂井さん。

OPTiMさんで開発されたロボットが農業で活用されているお話をしてくれました!
AI・IoT・Roboticsを活用することでデータ収集、遠隔支援、農作業記録、収穫時期予想、収穫量予想、害虫検知、見回り、農薬散布、収穫が可能になりスマート農業を実現できるんだって・・・!(すごい!)

こういった技術は農業に限らず色々なことに活用可能で、どんどん便利な世の中になっていけるんだな~っと感じました!

LT7:雑食系ITエンジニアが挑む!今までにない、IoT&クラウドフル活用な保育園!?

ラストはハピクロの中田さん。

ハピクロさんは「親も子どもも保育士もハッピーになれる保育園をITもふんだんに活用して実現しよう!」というモットーのもと、去年設立したんだって!

保育園にはたくさん課題があって、小規模な保育園でも職員は15名以上必要だったり、大量の書類への記録が必要だったり、保育士への精神的な負担が大きいなどの問題があったみたいですが、これらをIoT×クラウドで業務改善を図っているそうです!

LT6でも感じたけど、やっぱりIoTは色々なことに活用できるんだな~って改めて実感!
資料も公開されているので、ぜひチェックしてね!

以上でLTは終了~!

最後にConoHaショップで最後の一押ししようと思ってお店に戻ったら、なんとさくらさんの愛ちゃんが進出してた・・・!

最後にてくのたん(の格好をした人事部の窪田さん)との4ショットを取ってイベント終了~☆

初めて東京以外のけーすた!開催でドキドキしてたけど、みなさんに満足してもらえたみたいでスタッフさん達と一安心していました!

今後もけーすた!継続して開催していく予定なので、お近くで開催される際はぜひご参加いただけたら嬉しいです。
てくのたんと一緒に待ってるよ~っ!

ではでは!このはでした♪

人気記事

ConoHaとは?

わかりやすいプラン構成と、最小限のコストで利用できる料金体系が特徴のVPSサービスです。全プランに高速SSDを採用しており、個人的なサービス開発から、大規模なシステム運用まで、幅広い用途でご利用いただいています。
サービス立ち上げ時より、美雲このはがConoHaの応援団長として活動しております。

ConoHaの詳細はこちら